anezakimanのアブダビ日記

アラブ首長国連邦アブダビ首長国に駐在になりました。そこで出会ったことを綴ります。

イード・ホリデイ

弊社にとっては金土のみお休みと、通常の週末と変わらないイード・ホリディだったけど、少しでも楽しむべく木曜日の夜から土曜日の夜まで、ドバイに出かけた。

木曜日の夜は、知人の金融関係者と飲んだ。日本の信託銀行を辞めて外資系金融機関に転職、3年前にドバイに来たという彼とは、同じ外資系企業に働くものとして、いろいろと共感する話があった。日本食レストランでビール、焼酎をそこそこ飲み、その夜はバードバイにあるホテルに入って機嫌良くベッドに入った。

翌日の午前中は残った仕事があり、ホテルの部屋で片付ける。午後は、ドバイの最新キワモノ構造物の「ドバイ・フレーム」視察に出かけた。黄金の巨大額縁が陽に当たって光っている様はなかなか。

f:id:anezakimanAD:20180618035713j:image

祝日の昼過ぎだったがそれほど混んでなく、5分ほど並んで50ディルハム(約1,500円)払って、まずは公園の中に入る。それからエレベーターでフレーム天辺に上る。左側に旧市街が、右側に高層ビルが立ち並ぶダウンタウンが現れる。

f:id:anezakimanAD:20180618120949j:image

f:id:anezakimanAD:20180618121014j:image

 フレームならではのこんな仕掛けも。

f:id:anezakimanAD:20180618035734j:image

その後、屋内スキー場のあるモール・オブ・エミレーツ、中国の巨大モール群のドラゴン・マートに行って、フードコートで昼飯を食べる。

夕方になって、今晩は一人飯だったので場所を思案した結果、アイリッシュ・ヴィレッジという大きなパブでビールとつまみの夕食にすることにした。アイリッシュ生ビールが美味しい。

f:id:anezakimanAD:20180618035806j:image

一人で寂しそうにしているからか、猫が寄ってきてくれる(食べ物欲しいだけか)。

f:id:anezakimanAD:20180618121037j:image

そのあと、同じパブの奥の仮設テントでサッカーワールドカップ試合のパブリックビューイングがあって、エジプト対ウルグアイ、イラン対モロッコの試合をビール飲みながら観る。

f:id:anezakimanAD:20180618130413j:image

 本日はこれで終了。翌日は今回のメインイベントの釣りである。2度お世話になった釣りの師匠に今回も指南いただき、さらにこちらも前にお世話になった友人の料理の師匠が加わって、堂々の2大師匠そろい踏みとなった。川上の釣り(生産)と川下の調理(加工)のエキスパートが揃ってサプライチェーンの完成だねなどと冗談を言いながら、朝6時に集合して2時間ほど釣り糸を垂れる。今回は全員釣れて、合計8匹の大量生産であった。俺も3匹という大満足の釣果となった。

この生産結果をどうするか協議したが、料理の師匠曰く、あまり美味しくない魚(小さな念仏鯛)であること、水質に疑念ありということで、すべてリリースした。その後カルフールで買い物をして、それを料理の師匠宅で調理して食べることにした。残念ながらサプライチェーンは分断されてしまった。。

それでもいつもながらの手際の良さで、アクアパッツァ(俺初めて。超うま)、エビのアヒージョ、サラダを作っていただいた。 

f:id:anezakimanAD:20180618035855j:image

宴会は11時から始まった。この料理の師匠と飲むといつも泥酔するので、明日仕事でもあり、今回はかなり自重、それでも夕方5時くらいまで飲んで、あーでもない、こーでもない議論をしつつ、美味しく楽しい時間を過ごした。

こうして仕事とまったく関係ない仲間と、充実したホリディをエンジョイしたことであった。

 

 

 

 

ラマダーン終了

ラマダーンがいよいよ本日で終わる。今年は5月17日から始まって本日までの29日間だった(年によっては30日間)。その後イード・ホリディと呼ばれるこの国で数少ない連休の祝日に入る。政府系企業は、本日から17日までの4連休、我々のようなプライベートセクターでは、15日、16日の2連休だが、なんのことはない、いつもの金土の週末と重なり、休みという意味では何も変わらない。。

さて、その29日間の勝敗結果(勝敗というのも変な話ではあるが)。

  • 29日間中、UAEにいたのが16日(残り13日はアルメニアと日本等)
  • 16日間は少なくとも限定断食(昼食・間食なし、水分OK)はすべて達成(素晴らしい!)
  • 16日間のうち、夕食時の断酒は6日。お酒を飲んだ10日のうち、外での宴会が8日でこれはOK。しかし家にいたのに酒を飲んでしまった日が2日あり、これはダメ。
  • 行事という意味では、家でイフタールと称する社員懇親会を2回。外のイフタール・テント(シェイク・ザイード・グランド・モスク)での食事1回。

ということで、初年度のラマダーン断食はまあまあ完遂したと自己評価。もっとも日数的には半分ちょっとしかいなかったので、まだまだだが。

仕事面ではこの時期、いろいろなことが起きて忙しかったこともあったが、朝8時30分から昼抜きで、日によっては夕方6時、7時までほぼぶっ続けに集中して仕事ができた。

健康的には、最終日の本日の朝の体重は64キロ台と、当たり前かもしれないが1-2キロほど落ち、体が一層軽くなった気はする。

そうして、何よりこの時期はいろいろな会社・ホテル・団体等がイフタール、スフール(夜9時過ぎから始まる会食パーティ)等のイベントを開催し、街も華やぐと言った、まさに盆暮れ正月的な雰囲気を感じることができた。

断食というと何やら辛い感じがするものだが、イスラームの方たちが異口同音におっしゃるように、1年に一回、自分を振り返り、家族や友人と過ごす時間を増やし、貧しい人たちに心を寄せ、共同体としての連帯を確認するという、とても意味のある時期だということが体感できたと思う。来年のラマダーンが楽しみになってきたね。

ラマダーン・カリーム!

ラマダーン・ムバラク!

ラマダーン週末

この週末は今年度最後のラマダーン週末。そして俺にとっては最初で最後のラマダーン週末となった。会社に行かずに家で一人でいて断食ができるのか、朝の散歩とどう折り合いをつけるかという心配はあった。

結局のところ、朝いつも通り散歩してからゆっくりしっかり朝ご飯を食べ、日中は読書三昧で過ごし、無事に日中の断食は遂行できた。しかしながらお酒は初日は飲まずにいられたが、2日目の本日はビール、焼酎を飲んでしまいました。。

2日間の日中に読んだのは、日本で買ってきた以下の3冊。

経営者:日本経済生き残りをかけた闘い

経営者:日本経済生き残りをかけた闘い

 
不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか (講談社現代新書)

不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか (講談社現代新書)

 
誰がアパレルを殺すのか

誰がアパレルを殺すのか

 

『経営者』は、日経記者出身の経営者論。「戦後の経済史、経営史を考える上でこれだけは外せないと思うもの、そして私にしか書けないニュースが含まれているものを選び、経営者の視点から後期渋沢資本主義の物語としてブラッシュアップした」。かなりの部分、想定の範囲内であったが、実際に経営者に直接会った故に出てきた秘話あり、世間の評価とは違う辛口の論調があったりと、まあ楽しめた。

『不死身の特攻兵』は、9回特攻に出撃して、9回生きて帰ってきた人の実話物語。あの戦時下の軍隊という環境、組織のなかで、どうしてそんなことが可能だったのか、著名な劇作家がご本人へのインタビュー含めて迫る。戦時中の日本の組織問題を鋭く指摘した『失敗の本質』、あるいは特攻隊教官の苦悩を描いた『永遠のゼロ』にも描かれた日本の精神論、竹槍戦法的な思考停止が生々しい。

『誰がアパレルを殺すのか』。物騒なタイトルだが売れていて、俺の敬愛するちきりんさんの「変われない企業、変われない産業にいる人必読!」という帯タイトルにも惹かれて手に取った。

アパレル産業が内包する問題は多くの日本企業に共通する。高度経済成長期を忘れないまま、バブル崩壊やデフレと行った環境変化を直視しようとしなかった。場当たり的な対処を続け、気が付けば業績不信は深刻さを増していった。それでも業界内のライバルとの競争ばかりに明け暮れ、時代から取り残されていった。痛みを伴う改革を避けひたすら現状維持に固執する思考停止の姿勢が、今、この瞬間もアパレル業界を窮地に追い詰めている

といった、我が産業、会社への教訓論として耳の痛い指摘が随所にあり、改革魂が掻き立てられた。アパレル業界の最新動向も興味深かった。

ラマダーンとは本来自分を見つめ直す機会でもあるそうだ。そのための貴重なインプットができた週末であった。

ラマダーン日常

アブダビに戻ってきた月曜日の晩、日本で買い込んできた食材を中心に、自宅でまたイフタール的宴会を開催した。今回は長期出張者帰国の送別会も兼ねて社員関係者7名での会となった。

食材は、セブンイレブンのおでんパックをベースにちくわ、豆腐、こんにゃく、キノコを追加投入して作ったおでん鍋、ソーセージ、枝豆、サバ缶、刺身こんにゃく、漬物、サラダなど。日本の何気ない酒の肴が妙に美味しく、これらをつまみに、ビール、ワインがいつも通り順調に消費されていく。最後は当地で買っておいたカトキチの冷凍うどんを食べ、食後酒としてサントリーウィスキー知多でしめ。

今回は会社の方向性、技術論で盛り上がった。昼間断食して夜飲み食いすると、普段の宴会よりテンションが上がるようだ。

火曜日は久しぶりにヤス・マリーナサーキットでのサイクリングを決行。お昼抜きでお腹空かしたまま、38℃、湿度50%の熱帯夜のなかでペダルを漕ぐ。さすがに人は少なく、俺もいつもの半分、3周でギブアップ。それでも汗が滝のように噴き出す。

水曜日はシェイク・ザイード・グランドモスクで実施されているイフタールに参加した。ラマダーン期間中の毎夕、およそ2万の人がイフタール求めてやってくるUAE最大級のイフタール・テントである。アブダビで唯一、イフタール開始の大砲が鳴らされる場所でもある。

夕方6時半すぎ、イスラームのインド人ドライバーに案内してもらいながら、巨大モスクの建物から少し離れたところにあるテントを目指す。ラマダーン期間中はモスク内の一般見学は午後2時で終了、イスラームだけとなる。

イフタールが供与されるテント。こうしたテントが全部で9個並んでいる。

f:id:anezakimanAD:20180607091350j:image

テント内はインド人、パキスタン人を中心としたアジア系の人で満杯。テントの中は空調が効いていて快適。

f:id:anezakimanAD:20180607091631j:image

f:id:anezakimanAD:20180607091647j:image

4列並びの両方からアグラ座りで配置され、各人の前にイフタールの食材が用意されている。

f:id:anezakimanAD:20180607091723j:image

f:id:anezakimanAD:20180607091930j:image

日没直後の午後7時10分、大砲の音が鳴り、そのあとアザーン(お祈りの開始を告げる呼び掛け)が始まり、皆おもむろに水やジュースを飲みながら食材の梱包を開けて食べ出す。中はこんな感じ。

f:id:anezakimanAD:20180607092435j:image

 ラム入りビリヤーニ(インド風炊き込みご飯)、野菜カレー、野菜サラダ、デーツ、りんご、ジュースなどが並んでいる。野菜カレーは辛くない淡白な味付けで、こちらは食べられたが、ラム入りビリヤーニの方は匂いがきつくで一口二口でギブアップ。

こうしたテントの外にも野外の食事箇所が広がっており、38℃の熱帯夜のなかで大勢の人が黙々と食べている。

f:id:anezakimanAD:20180607092938j:image

イスラームの方は、10分程度で食事を済ませるか、あるいは持ち帰りで、そのままモスクに行ってお祈りをするそうである。我々は薄暮のなか、この壮大で慈悲溢れるイフタールの現場をあとにした。

f:id:anezakimanAD:20180607092954j:image

 内外のイフタール、断食中の運動等、非日常的なラマダーンの日常を楽しんでいる。

食べて呑んで帰ってきました

日本とその隣国に業務出張で出かけた。昨年9月末に赴任して以来、UAEからの海外出張は初めてであり、 日本という意味では2月にプライベートで帰国して以来、4ヵ月振りとなる。

梅雨前のこの時期、気温は25℃前後、湿度も低くカラッとした好天気が続き、快適であった。日本の楽しみと言えば、もちろん食事。仕事、プライベートで様々な美味に出会えた。

家族で出かけた葉山のレストランでのシラス・漬けマグロ丼。これはもう芸術品。

f:id:anezakimanAD:20180606032705j:image

嫁と行った近所の山陰居酒屋での貝の酒蒸し。日本酒が進む進む。

f:id:anezakimanAD:20180606032719j:image

親会社幹部にご馳走になった鯛茶漬け会席。

f:id:anezakimanAD:20180606032736j:image

仕事仲間と行ったカウンター老舗寿司店での中トロ。このツヤに目眩が。

f:id:anezakimanAD:20180606032758j:image

山陽地方のランチでの海鮮会席。刺身がコリコリして絶妙。

f:id:anezakimanAD:20180606093145j:image

 こちらはお隣の国での焼肉。赤身の高級ビーフの甘さがたまらない。 

f:id:anezakimanAD:20180606032814j:image

まるでグルメ日記(笑)。失敗談としては、このお隣の国での取引先との会食で、この国らしい状況になって超飲み過ぎてしまい、翌日の夜まで超二日酔い状態(体中の固形物、水分を一切放出)。仕事はちゃんとこなしたけど。俺もまだ若いね。。

この夜以外にも、仕事上の会食4晩のうち、4次会、3次会、2次会、1次会(この時は電車乗り過ごして結局帰りは遅くなった。。)と夜遅くまで飲み歩き、最後はグッタリ。

こうして食の楽しさ、家族、仕事仲間との交流を存分に楽しみ、仕事もちゃんとこなして無事アブダビに帰ってきた。こちらでは夏本番間近という感じで日中の最高気温41℃が迎えてくれた。そうだ、ラマダーンの断食再開しなくちゃ。。

いま、会いにゆきます その2

いま、会いにゆきますと綴ってからほぼ4ヶ月。また会いにゆけることになった。4ヶ月は過ぎてしまえばあっという間とも言えるが、でもやはり長かったというのが実感だね。

本日は終日バタバタ。ラマダーンもあり昼抜きで仕事詰め。夕方5時過ぎに退社して、早めの夕食を取り準備して、エティハド航空のラウンジでホッと一息ついているところ。

f:id:anezakimanAD:20180525013432j:image

今回は業務出張であり、ややこしい報告もあるので、それほどお気楽帰国ではないが、それでも久しぶりの日本国。家族、愛犬との再会、昔の仕事仲間との交流にワクワクしている。鰻、ラーメン、寿司等の和食も楽しみ。

みんな待ってるかーい。いま、帰るよ!

イフタール

イフタールとは、ラマダーン月に断食した後、日没後に初めて取る食事のことである。親族友人が家に集まって賑やかに会食したり、外ではレストランがイフタール用特別ブッフェを用意し、仮設テントでサーブしたりする。

我々もイフタールしようということになった。昨日の日没前の6時40分前後、会社同僚5人が拙宅に集合。当日は全員デイタイムは断食して準備万端。

夜7時過ぎのイフタールを告げる大砲の発射の様子は、毎日テレビで生放映されるため、皆でテレビの前でその瞬間をじっと待つ。

f:id:anezakimanAD:20180523053909j:image

大砲の発射と同時に、ラマダーン・カリーム(ラマダーンおめでとう)と言って皆でビールで乾杯。俺がいつも通りサラダ、漬物、鍋類(今回は鳥水炊き鍋)の3点セットを用意し、外からインド料理(ビリヤーニ)、アラビック料理、日本料理(野菜炒め、鳥カラ、鉄火巻きとサーモン巻き)をテイクアウトで買ってきて、賑やかにイフタールの始まりとなった。

仕事の話、プライベートの話で盛り上がる間に、ビールから赤ワイン、そして親会社幹部が持ってきてくれた獺祭23度に突入、最後はお土産でもらった日本酒樽をダラダラチビチビと飲み続け、結局散会したのが0時前後であった。

ラマダーン期間中の夜、こうしたイフタールの宴がUAE中のあちこちで繰り広げられていることだろう。我々も大いに楽しんだことであった。翌朝、久しぶりに二日酔い。。