anezakimanのアブダビ日記

アラブ首長国連邦アブダビ首長国に駐在になりました。そこで出会ったことを綴ります。

新年会3連発

新年といえば新年会(笑)。実質業務開始の第1週目からいろいろな新年会に参加させてもらっている。

まずは仕事関係者。日本人社員と日系親会社関係者で、ゴルフ場のレストランを借り切ってのブッフェスタイル新年会。年末年始恒例の行事で、各社ごとに2019年を振り返っての重大ニュースをパワーポイントでプレゼンする。昨年の公私のトピックスを突っ込み合いながらの楽しいひととき。 持ち込んでもらった日本酒一升瓶をがぶがぶ飲みながら、俺も気持ちよく酩酊状態であった。

f:id:anezakimanAD:20200113223841j:plain

お次はアブダビ日本人会。こちらはホテルのパーティー会場を借り切っての大規模な新年の日系コミュニティーの親睦会。日系食材流通会社S社さんの絶大なご支援もあって、お寿司をはじめとした美味しい日本食を堪能しながら、大勢の方との新たな年始めの交流を深めた。

f:id:anezakimanAD:20200113230243j:image

余興として、日本人学校の生徒の皆さんの合唱やパフォーマンスあり。
f:id:anezakimanAD:20200113230238j:image

おじさんバンドの演奏あり。

f:id:anezakimanAD:20200113230248j:image

そしてコーラス部女性の皆さまの日本の童謡を中心とした華やかな歌声にうっとり。
f:id:anezakimanAD:20200113230259j:image

この新年会では協賛各社さんが提供する景品の抽選くじ引き会があるのだが、そこで同僚がS社さん提供の三陸沖産の生牡蠣をゲット。さっそくそれを肴に社員宅での社員新年会。大粒でプリプリの牡蠣をレンジで温めて頬張る。口のなかいっぱいに東北の磯の香りが充満する。幸せのひとこと。O社長、ありがとうございました!

f:id:anezakimanAD:20200114041640j:image

つまみとして俺の愛する Panda Bao Bao から初めて料理をテークアウト。さすがに重慶小麺というわけにはいかなかったが、汁なし担々麺のマー辛さが酒に合い、ビールが進む。

f:id:anezakimanAD:20200114041645j:image

ここ数日はアブダビは連日の雨であり、最高気温が20℃を下回る日もあるなど、寒々しい日が続く。世界情勢と相まって、不安定な年明けではあるけど、2020年早々の新年会3連発はそんな陰鬱な気分も吹っ飛ばしてくれる。体はちょっと重いけどね。。

2020年始動

年末年始、俺が家族とゆったり過ごしている間、世界は激しく揺れ動いていた。年末、ゴーンさんの驚愕のレバノン逃亡劇、そして年始の一連の相互攻撃による米・イランの極度の緊張の高まりである。本日、ゴーンさんの逃亡後初めての記者会見と、アメリカ国民に対するトランプ大統領のテレビ演説が行われた。ちょうど後者をCNNのライブ放送で見たところだ。

f:id:anezakimanAD:20200109022126j:image

BBCとCNNをチャンネルを換えながら見ていたが、やはりお膝元のCNNはすごいね。結果的に予定より20分以上遅れて始まった大統領演説だったが、始まるまでの間、世界中からいろいろな記者が間断なく語るその迫力は圧巻であった。世紀の演説を前にした興奮、緊張感がテレビ越しにも伝わってきた。

内容的には、複雑な国際政治を背景に米大統領のレトリックも混じったお話であり、その論評は俺のするところではないが、直感的には当面のさらなる戦闘は避けられると感じた。まあ分からないけど。

それはともかく、トランプさんの英語の分かりやすさと演説の巧さにはちょっと感動したね。数秒毎に息をしっかり吸い込み(その吸い込み音がマイクを通してリズミカルに聞こえてくる)、ひと文脈ごと一気に明瞭に発音する様が聴いている耳に心地よく入ってくる。これも人気の一つの理由かもね。

米国の同盟国も復讐攻撃の対象となるとのイランの宣言あり、その中にはドバイも入っているという話が出てきてちょっとびっくりしたが、実際に住んでいる実感から言うと、周辺の人含めてそんな心配をしている感じはない。

この瞬間に中東というイシューのど真ん中にいるという同時代性、緊張感にある種興奮しながらも、毎日の生活は淡々としたものである。仕事をして、お客様を迎えて、夜も普段通り。新年最初の自転車部の活動も実施し、反省会で楽しく懇談した。

この季節、空気が澄んでいることもあり、お日さまがクリアーで日の出、日の入りとも美しい。お天道様がちゃんと見ているということのようだ。

家から見える日の出。

f:id:anezakimanAD:20200109022223j:image

Al Hudayriat島で自転車を漕ぎつつ、そこから見える日の入りと日没後の風景。
f:id:anezakimanAD:20200109022220j:image
f:id:anezakimanAD:20200109022229j:image
f:id:anezakimanAD:20200109022226j:image

今後の動向に目は離せないが、お天道様を信じて、自分ができる目の前のことをしっかりこなしていくことが重要だね。

世間は騒々しいながらも新しい2020年が本格的に始まった。今年もよろしくお願いいたします。

Family is coming to town!

2019年最終日未明、家族がわが町アブダビに降り立った。

f:id:anezakimanAD:20200104174537j:image

年末年始をこっちで一緒に過ごすのは3年連続となる。10日ほど前まで日本に出張していたので、顔を合わせること自体は久しぶりではないが、我が町、我が家、しかも新居で迎えるとなると気分が違う。俺にとって今や日本はアウェー、アブダビはホームである。せっかく来てくれた家族と楽しく有意義に過ごすために知恵を絞る。

すでに家族は主だったアブダビ・ドバイ観光を経験している。今回は1月3日の夜便で帰るため4日間しかなく、しかも俺が31日と2日の午前中出社するため、実質3日間である。あまり連れまわさず、近場中心にゆったりと過ごすことにする。

初日。昼から活動開始。家の周りの海や運河沿いの散策路を散歩後、ベトナムレストランで軽くランチ。その後アブダビにできた新名所、Qasr Al Watan に向かう。巨大で豪華絢爛の王宮に驚嘆、UAEの歴史や文化財を眺めながら1時間半ほど観光する。

f:id:anezakimanAD:20200105001435j:plain
f:id:anezakimanAD:20200104174616j:image

それからスピニーズで買い物をしていったん帰宅。その夜は、ホテルで大晦日の Gala Dinner(ブッフェ形式の豪華夕食)プラス年越しの花火を堪能する。

f:id:anezakimanAD:20200104174652j:image
f:id:anezakimanAD:20200104174702j:image
f:id:anezakimanAD:20200104174657j:image

2日目の元旦。家から初日の出を拝む。

f:id:anezakimanAD:20200105001526j:plain

朝食は日本から食材を持ってきて作ってもらったお雑煮を食べる。その後、Emirates Park Zoo に行く。こじんまりとした動物園だが、日本で見れないようなラクダや小動物も多く、家族は満足の様子。元旦のせいか、混雑している。

f:id:anezakimanAD:20200104174804j:image
f:id:anezakimanAD:20200104174801j:image

Sea Lion(アシカ)のショーの看板があったので入って待っていたら、アフリカ芸人のショーであった。これもご愛敬。

f:id:anezakimanAD:20200105001731j:plain

夜は家で鍋をつつき、トランプしたりして和やかに過ごす。

3日目。この日はドバイにお出かけ。午前中仕事を終えたあと、会社で合流してそのままドバイへ。Wokyoで日本風ラーメンを食べた後(皆美味しいと)、これも比較的新しいドバイの観光地、Dubai Flame へ。
f:id:anezakimanAD:20200104175520j:image
こちらも超混みだったが、回転が早くて待ち時間も含めて1時間ほどで見学完了。過去、現在、未来のドバイを見せる趣向に興味深かったようだ。

その後、俺の好きな Global Village に向かう。ここはまだ連れてきてなかった。ドバイらしい大がかりで華美な舞台設定の中で、全世界の、しかも日本にあまり馴染みのない中東やアフリカ諸国のパビリオンが立ち並ぶ。各国の名産品や特産品、食材が色とりどりに展示され、民族衣装での踊りが披露される。世界万国博覧会兼巨大バザールであり、夕方から夜遅くまでやっていることも含め、訪れる人々を興奮させざるを得ない。新年2日目のこの日も大混雑であった。

f:id:anezakimanAD:20200104174953j:image
f:id:anezakimanAD:20200104174956j:image

家内はあちこちで大人気。髪飾りのモデルやら、

f:id:anezakimanAD:20200105002208j:image

ハンドクリームの実演。
f:id:anezakimanAD:20200105002955j:image

日本人でカモと思われたのかもしれないが、実は彼女が一番タフで結局両方とも買わず。。俺は今回で4回目の訪問。前回親戚の女子大生2人を連れてきた時には5時間いたと言うとそんなに長い時間と驚いた家族であったが、結局今回もきっちり5時間いましたね(笑)。夜はここでウズベキスタン料理を楽しむ。アルコールがないのが唯一のマイナスかな。

最終日。そろそろぐすんぐすんとなりつつある中で、Yas Mallで土産などの買い物だけして家でゆっくり。夕食も家で簡単に済ませ、空港まで見送り。短い間だったが、つかの間の家族との年末年始休暇を楽しんだ。

家に一人で戻り、残っていたフルーツをつまみにワインをちびちび。気がつくと夜中の3時、ソファーで寝てました。。早速いつものペースに戻ったね。さあ、新たな2020年、気分を一新して頑張りますか。

年末走り納め、新記録?

終わりゆく2019年、一つ心残りがあった。俺の今年のプライベートの2大テーマは、週末弾丸バックパッカー(WBP)とサイクリング活動であった。前者はUAE国外7ヵ国に足跡を残し、今年の活動としては満足のいくものであった。後者は自転車部という意味では自分なりに活発に参加できたと思うが、自己への挑戦という意味では、これまでのアブダビでの自己最長走行記録(Yasでの8周、44キロ)が今年4月以降まだ更新できていない。Yasの本年最後の開放日、年内最後のランで記録更新を目指そうと思い立った。

ただし12月はモロッコ旅行、日本出張などあって、これまで2回しか走れていない。しかも日本での暴飲暴食で体重が2キロほど増えたままである。そこでまず先の週末、事前トレーニングを兼ねてYas公道を金土と走った。俺が Yas Max と名付けている、Yas島内で自転車が走れる最長のコースである。

下記のように、Yas島に自転車で入れる唯一のルートであるYas橋を渡り、それから右に折れて、Yas Gateway Parkをぐるりと回り、Yas Leisure Drive に入る。先端でさらに西に進むと、新興住宅街の West Yas 地区に入る。そこを端から端まで走って、Yas Leisure Drive に戻り、Yas Links を過ぎてすぐの Marina Circuit を西門から入る。中をずっと走って東門から出て、Yas橋に戻る、推定35キロのコースである(こんなに詳述してもほとんどの人にはピンとこないだろうな)。

f:id:anezakimanAD:20191229110551j:image

Marina Circuit内、年末の週末朝7-8時台ゆえか、人影がほとんどなく、無人の道を気持ちよくペダルを漕ぐ。
f:id:anezakimanAD:20191229110555j:image
f:id:anezakimanAD:20191229110558j:image

そして迎えた本日18時20分。気温22度、湿度73%、北西の風 14km/h という絶好のサイクリング日和。仕事疲れも何のその、元気に漕ぎ出す。最初の4周はちょうど1時間で時速22キロのペースで順調。その後の4周はバテてきて1時間10分とペースが落ち、7-8周辺りでは、肩が張り、腰が重くなり、ペダルを漕ぐ力が急速に衰えだす。

それでも気力を振り絞って最後の9周目は15分と元のペースに戻し、何とか完走。2019年の走り納めで、自己最長の9周(49.5キロ)を2時間25分、平均時速20.5キロで達成した。疲れてバタンキュー。
f:id:anezakimanAD:20191230015917j:image

今年はこのコースにも大変お世話になりました。2020年もますます走りまくりますので、よろしくお願いします。

f:id:anezakimanAD:20191230042913j:image

こうして自転車活動の方も、満了して今年を終えるのでありました。お疲れ様でした!

年末を穏やかに過ごす

年末ほぼ最終週。仕事的にはローカル(UAE国民)もエクスパッツ(海外出稼ぎ組)も休暇に入っている人が多いようで、メールも電話も激減。俺も昨年のような大きなイベントがなく、先週の大会議のフォローや、1年の整理など、日中はやや穏やかに過ごす。

夜はけっこう賑やか。日曜は日本から出張で来られたお役人さんの会食に招かれ、アルマーリア島のアラビックで会食。月曜は社内忘年会第1弾。日本から仕入れてきた冷凍豚の薄切り肉を使って拙宅で豚シャブ。お土産でいただいた日本酒を飲み尽くしつつ、1年を振り返りながら食べ飲み語らう。1年間本当にご苦労様でした。

f:id:anezakimanAD:20191224043454j:image

火曜日はアブダビ自転車部の年内最後の活動日。俺含めて4人のやや寂しい活動だったが、涼しいヤス島のサーキットをいつも通り4周駆け抜け、反省会は MATSU のテラスで軽くビールを楽しむ。

水曜日は久しぶりの休肝日。木曜日は社内忘年会第2弾。今度はドバイ富士屋まで遠征し、七輪での日本風焼肉を楽しもうという企画。お一人ゲストをお迎えし、さっそく七輪稼働。

f:id:anezakimanAD:20191227204436j:image

 一人当たり AED 170でオーストラリア産WAGYU食べ放題、肉も厚切り牛タンやチキン、さらに牛肉カレーも食べ放題というリーズナブルな価格設定の料理を大いに喰らいつつ、ビール、サワー、ハイボールと日本居酒屋ドリンクを堪能する。
f:id:anezakimanAD:20191227204440j:image

こうして2019年の締めくくりの週は、人との交流を中心に楽しく穏やかに過ぎていくのであった。

ニッポンの冬

 昨日の未明、日本から戻ってきた。こちらの業務が終わる木曜日の夜行便で帰国、週末は家でゆっくりできたが、平日は大会議対応や毎晩の宴席、地方への1泊の出張含めて慌ただしい日々を金曜日までフルに過ごし、土曜日の午後便でアブダビに戻り、日曜日からこちらで出社している。1週間ではあるが、気分的には Weekend Bullet Backpacker (WBP)の業務拡張版の感じであった。

12月の帰国はアブダビ赴任後初めてであり、幸いにして全体的に晴れではあったが、最低気温5℃前後の日本の冬はやっぱりアブダビ人には凍える寒さ。。それでもこの季節、空気が澄んでいて、ニッポンが誇る富士山があちこちからよく見えた。我が家近くから少し頭をのぞかせる地元富士。

f:id:anezakimanAD:20191221165303j:image

家族と出かけた江ノ島から夕焼けに映える富士山。
f:id:anezakimanAD:20191221165229j:image

そして地方都市出張の帰りの新幹線の車窓からは、目の前にそびえ立つ雄大なお姿。
f:id:anezakimanAD:20191221165257j:image

日本では極力歩くようにしたものの、体操、サイクリングなどはお休みとなり、一方で日本の食をいつもながら満喫したため、戻ったら3キロも体重が増えていました。。

江ノ島では、はまぐりラーメン、イカ焼き、鯵のお刺身の海鮮3点セットに舌鼓を打つ。
f:id:anezakimanAD:20191221165320j:image

海鮮と言えば、横浜で食べたこのアサリうどんもだしがきいて美味であった。
f:id:anezakimanAD:20191221165239j:image

さらに新幹線車中でいただいたプリプリの牡蠣飯弁当。

f:id:anezakimanAD:20191224130802j:image

ラーメン3連発。まずはUAEでは食べられないさっぱり澄んだスープの中華そば。
f:id:anezakimanAD:20191221165235j:image

蒲田の友人の実家の中国料理店で食べたシンプルなラーメン。これで350円。
f:id:anezakimanAD:20191221165325j:image

地方都市で食べた鶏肉チャーシューが名物の地元ラーメン。こちらもさっぱり味で美味しい。
f:id:anezakimanAD:20191221165348j:image

そして日本でしか食べれない逸品2品。

f:id:anezakimanAD:20191221165343j:image

f:id:anezakimanAD:20191221165338j:image

地方都市では、バーで歌手のライブとか、ベリーダンス実演とか、いろいろと工夫していた。
f:id:anezakimanAD:20191221165242j:image
f:id:anezakimanAD:20191221165332j:image

飲みまくって4軒目にふらっと酔った居酒屋では、こたつが。
f:id:anezakimanAD:20191221165355j:image

そして最大のリフレッシュは、最愛の息子との家の周りの山道散歩。

f:id:anezakimanAD:20191221165312j:image
f:id:anezakimanAD:20191221165250j:image
こうして肉体的にはぐったり、気分的にはリフレッシュして、アブダビに戻るのだった。年末まであと1週間ちょっと。今年ももうひと頑張りですな。

また逢いにゆきます

木曜日、仕事を終えてぐったり。そして向かったのはすっかり馴染んでいるアブダビ空港のラウンジ。週末前のいつものWBP的風景。

f:id:anezakimanAD:20191213015728j:image

でも今回は違うんです。向かう先は中東でもアフリカ大陸でも欧州でもないんです、日本なんです❤️。

ということで、3ヶ月振りに帰国である。今回は業務出張で大会議も控えているので、多少気は重いけど、でも日本なんです❤️。家族が待っている日本なんです(しつこいね)。

では、また逢いに行ってまいります。