anezakimanのアブダビ日記

アラブ首長国連邦アブダビ首長国に駐在になりました。そこで出会ったことを綴ります。

オマーン遠征

先週末、再び旅に出掛けた。アル・アインはアブダビ首長国内、ドバイはUAE国内、そして今度は海外、お隣の国オマーンである。2泊3日のやや長旅である。VISAの関係で一度UAE国外に脱出する必要があり、たまたまプライベートでの用事も重なったので、木曜日の夜にドバイ空港からオマーンの首都、マスカットに飛ぶことになった。

マスカットといえば、船乗りシンドバッド出身の地とされ、海洋国家ならではの開放的で大らかな人が多いとされる。ここにはアブダビにはない雲と、山と天然の緑があってホッとさせられる。

f:id:anezakimanAD:20171126004053j:plain

金曜日はあいにく殆どの観光スポットは遅く始まるかお休みだったため、日中はホテルのプールサイドでのんびりして、朝夕は海岸沿いを散策した。大勢の人が浜辺でサッカーを楽しんでいた。

f:id:anezakimanAD:20171126002833j:plain

夕日が一人旅の郷愁を誘う。

f:id:anezakimanAD:20171126012948j:plain

翌日土曜日、マスカット郊外に1日コースで行ける景勝地があると聞いて、ガイドを雇って出かけた。Wadi Shabという渓谷である。マスカットから車で2時間ほど行くと、海岸沿いに小さな町がある。ちょうどその日はオマーン国家元首のスルタン・カブースの誕生日であり、この町でも集会的なイベントをやっていた。

f:id:anezakimanAD:20171126003352j:plain

ここから川をボートで渡り、50分ほど平坦な岩山を歩く。何の案内もなく、途中どっちへ行ったらよいのか迷うところもあったが、そのうち川が出てきてあちこちで人が泳いでいる。

f:id:anezakimanAD:20171126003805j:plain

f:id:anezakimanAD:20171126003915j:plain

自分も泳ぐつもりで準備してきたので、さっそく川に入る。最初はちょっと冷やっとするが、澄み切った水に身体がすぐに馴染んで快適になり、1時間ほど渓谷の上流を探検しながらの水泳を楽しんだ。

3週連続での旅となったが、歴史的都市として落ち着きのあるアル・アイン、近代的巨大都市で活気に溢れるドバイ、そして開放的で自然たっぷりのマスカット地域など、この地域の多様性を楽しんでいる。