anezakimanのアブダビ日記

アラブ首長国連邦アブダビ首長国に駐在になりました。そこで出会ったことを綴ります。

1年経ちました

2017年9月19日にアブダビに着任したので、ちょうど1年経った。早かったのか、遅かったのか、よく分からない。はっきりしているのは、これまで55年間生きてきたなかでも、前年比もっとも変化の激しかったうちの1年だったということ。 仕事の中身と環境が大き…

体質改善中

付き合い長い商社マンの友人が日本から出張に来て会った際に、痩せすぎ、もっと肉を取るべきと言われた。確かにこれまで、単身ということもあってか、魚や野菜中心の食生活だった。ここに来て免疫力の低下事実(帯状疱疹発症)、テストステロンの減少感覚(…

3連休 in ドバイ

先の週末は、木金土と3連休であった。この国において、一般企業労働者の3連休(と言っても金土の週末の前後どちらかに祝日が1日あるだけだけどね)はおそらく年に3回程度しかない。エクスパッツ(UAEにおける外国人労働者)に対しては、ワーク・ライフ・バラ…

UAEラーメン探索

ラーメンが大好きである。この国でも、ラーメン店やヌードルショップの看板を見つけると、自然と足が向くのだが、これまでトホホ店も多かった。ところがここにきて新たな発見があった。UAEのラーメン状況を俺なりにまとめておきたい。 日本の多様な食文化を…

急回復中

最初に病院に行って以降、ほぼ1週間安静に過ごした。腫れも目立たなくなってきたところで、再度病院に行って同じ皮膚科ドクターに診てもらった。もう大丈夫でしょうということで、おかげさまで帯状疱疹という症状はほぼ治癒したと思われる。ただし、今後も疲…

「巨艦」に学ぶ

出向元の会社から、ありがたいことに『日経ビジネス』が毎週送られてくる。俺の日本関連の情報源は、日経電子版(ただし林真理子「愉楽にて」以外は斜め読みだけどね)と同じ系統のこの週刊誌のみであり、かなり偏っているなあ。 最新号(8月27日)の特集は…

安静中

本日で8月が終わり、2018年の異国での盛夏も終盤を迎えつつある。日本に帰国して日本の暑い夏を体感して、なるほどアブダビの夏のほうが日本より過ごしやすいことを実感した。 アブダビでは家でも事務所でもお店でも空調が完璧に効いていて快適、むしろ寒い…

病院に行く

日本から帰国後、顔の右半分の部分、具体的には頭皮、ひたい、眉毛、まぶた、目の横に小さな腫れものが出始めた。そんなに目立たないし痛みはないが、少し痒みはある。体調全般的には悪いわけではないが、ネットでこうした症状を調べてみると、結構ヤバそう…

ニッポン滞在記その4:本を読む

行き帰りの機内、旅行中、あるいは家で、いろいろな本を読んだ。アブダビにいるときは、ビジネス関係か中東関係の本しか読む機会がないので、こうした乱読は久しぶりであった。 同郷の偉人、大倉財閥の創設者、大倉喜八郎翁の伝記的小説、「怪物商人』を田舎…

ニッポン滞在記その3:愛犬と過ごす

さて、これまで旅行やお出かけのことを記して来たが、もちろん日本滞在中はこうした非日常ではなく、家での日常生活の時間の方が多い。そして実はわざわざ遠出しなくとも、家の周辺は木や森や山で囲まれた自然がいっぱいである。 そんな自然の中を、愛犬と散…

ニッポン滞在記その2:原風景への旅

今回、富良野以外にちょっとお出かけしたところが2ヶ所ある。一つは俺の実家の田舎の田園地帯、もう一つは埼玉県川越市の小江戸といわれている蔵造りの古い街並みである。前者は農耕社会ニッポンの、そしてそこで育った俺自身の原風景であり、後者は江戸時代…

ニッポン滞在記その1:富良野、そして「北の国から」

夏休みを取っていて、20日以上振りの更新だ。8月8日の晩にアブダビを発って日本に帰国、昨日23日夜中に帰ってきたので、15日間日本にいたことになる。この間、実質1日だけ会社に出社したが、あとはずっとフリー。いやー本当にのんびりリラックスできた日々で…

ベイルート散策記

前回の旅行記の続き。日帰りツアーに行った日以外の実質1日ほど、歴史と文化とモダンさが混在する魅力的な首都ベイルートの街を歩きまわった。 コーニッシュと呼ばれている気持ちの良い散歩道。 地中海で遊ぶベイルートの若者たち。 ヨットハーバー沿いの野…

レバノン共和国旅行記

地中海の東の端に位置し、北東をシリアに、南をイスラエルに囲まれた小国、レバノン共和国に行ってきた。レバノンを選んだ理由は、行ったことのない国(今後も出張含めて行きそうもない国)、片道3時間程度で行けて2泊3日でそこそこ回れること、歴史、文化、…

ジャパン・ウィーク

日本は酷暑のようで、首都圏でも最高気温が40℃近いらしい。アブダビはここ1-2週間は日中の気温40℃前半と、日本とあまり変わりない。暑さ慣れしているこの国の人にとっては、この時期としてはむしろ涼しいくらい。首都圏はヒートアイランドでもあるし、大変だ…

UAE-CHINA WEEK

今週木曜日から3日間、中国の習近平(Xi Jinping)国家主席がUAEを来訪しており、今週は UAE-CHINA WEEK となっている。アブダビ・ドバイの両シェイク・ムハンマドと習主席の連日の面談、両国間での13の契約書やMOUのサイン式、軍の歓迎式典、アブダビでの歓…

多国籍会食

ここのところ、いつも同じような展開だけど、木曜日に仕事が終わるとぐったり。特に今週は身も心も心底疲れたねぇ。ブログ更新も1週間振りだ。 日曜日、月曜日は、大会議の準備、対応があり目が回るような忙しさ。火曜日以降はそのフォローや、新たに発生し…

クッキング・デー

今週も仕事が終わってぐったり。木曜日の夕方、そのまま家に帰る気にならず、同僚3人を誘って Yas Island のスポーツバーで新橋赤提灯的に会社帰りの一杯。随分雰囲気は違うけど、ハナモク的な開放感を味わう。 週末の始まりはいつもの通り、近くの海岸沿い…

熱さ取り戻し週末

外はどんどん暑くなる一方だが、俺の気分は盛り上がりに欠け、熱気とはほど遠い。スケジュールが思い通りに進まなかったり、資料作成の段取りに苦戦していることなど、仕事上でのやる気欠落傾向が原因だが、プライベートでも先週のワンちゃんお泊まりで、新…

真夏の夜の夢

7月になった。いよいよアブダビも夏本番である。最高気温が40℃台後半に達し、日中外に出ると熱風が襲いかかってくる。まあ俺は外に出ることはあまりなく、事務所の冷え切った部屋で、むしろ肌寒く感じることも多いけどね。 ちなみに6月15日から9月15日までの…

ワンちゃん来たる

この国では犬との交流は難しい。イスラームでは一般的に犬は豚に続く不浄の動物との考えがある。ドバイのハムダン皇太子は、犬やライオンが好きで家で大勢飼っているとの話はあるが、一般的な現地人は犬は飼わないだろう。それでも、欧米人の多く住むフラッ…

ワールドカップ観戦中

海外にいると、ワールドカップ的な母国愛をくすぐるイベントに一層惹かれることになる。日本のH組予選3試合を、ずっと生放送で観れていて応援してきた。 初戦のコロンビア戦。ヤス島のベルギーカフェで同僚4人と応援、これしかないパターンで日本が勝利して…

海上自衛隊の艦上レセプション

イラン情勢が風雲急を告げてきた。一昨日のテヘランのグランドバザールでのデモが、当地地元紙の Gulf News の一面に出ていた。通貨リアルの急落で輸入材の高騰に怒った商店主のデモだ。俺はこの商店主の1人からその前日、絨毯を買ったばかりだ。温厚な顔が…

イラン・イスラーム共和国旅行記

2度目の海外(UAE国外)旅行で、イランの首都テヘランに行ってきた。イランは生まれて初めて行く国だ。それもあって(前回のアルメニアと違って)今回はテヘラン駐在中の商社マンに全面的に頼ることになった。2泊3日の行程、宿泊先など、すべてこの親交10数…

イード・ホリデイ

弊社にとっては金土のみお休みと、通常の週末と変わらないイード・ホリディだったけど、少しでも楽しむべく木曜日の夜から土曜日の夜まで、ドバイに出かけた。 木曜日の夜は、知人の金融関係者と飲んだ。日本の信託銀行を辞めて外資系金融機関に転職、3年前…

ラマダーン終了

ラマダーンがいよいよ本日で終わる。今年は5月17日から始まって本日までの29日間だった(年によっては30日間)。その後イード・ホリディと呼ばれるこの国で数少ない連休の祝日に入る。政府系企業は、本日から17日までの4連休、我々のようなプライベートセク…

ラマダーン週末

この週末は今年度最後のラマダーン週末。そして俺にとっては最初で最後のラマダーン週末となった。会社に行かずに家で一人でいて断食ができるのか、朝の散歩とどう折り合いをつけるかという心配はあった。 結局のところ、朝いつも通り散歩してからゆっくりし…

ラマダーン日常

アブダビに戻ってきた月曜日の晩、日本で買い込んできた食材を中心に、自宅でまたイフタール的宴会を開催した。今回は長期出張者帰国の送別会も兼ねて社員関係者7名での会となった。 食材は、セブンイレブンのおでんパックをベースにちくわ、豆腐、こんにゃ…

食べて呑んで帰ってきました

日本とその隣国に業務出張で出かけた。昨年9月末に赴任して以来、UAEからの海外出張は初めてであり、 日本という意味では2月にプライベートで帰国して以来、4ヵ月振りとなる。 梅雨前のこの時期、気温は25℃前後、湿度も低くカラッとした好天気が続き、快適で…

いま、会いにゆきます その2

いま、会いにゆきますと綴ってからほぼ4ヶ月。また会いにゆけることになった。4ヶ月は過ぎてしまえばあっという間とも言えるが、でもやはり長かったというのが実感だね。 本日は終日バタバタ。ラマダーンもあり昼抜きで仕事詰め。夕方5時過ぎに退社して、早…